男性とネキシウム

ネキシウムは世界中で使われている

ネキシウムは世界中で使われている胃腸全般に効果がある薬です。
このネキシウムの主成分は、エソメプラゾールであり、2011年に国内で承認されたプロトンポンプ阻害薬の一つです。
ネキシウムは、国内では最新のプロトンポンプ阻害薬ですが、従来から販売されているオメプラゾールにとてもよく似ているのですが、症状を改善する効果と安定性が飛躍的に改善されています。
従来のオメプラゾールと言う成分では、効果に個人差がありましたが、ネキシウムの主成分のエソメプラゾールの効き目には個人差がほぼなく、誰にでも効果が上げられています。
このため、2つの成分は類似しているものの、エソメプラゾールはオメプラゾールよりも優れた効果を発揮することが分かっているために、世界中で用いられるようになっています。
しかも、ネキシウムは即効性に優れているために、飲んでから胸焼けであれば1~2日でも症状が改善するようになっているので、広く用いられるようになりました。
世界中で使われていますが、日本では医療機関でのみ処方が可能になっています。
ドラッグストアや薬局、一般の通販サイトでの取り扱いはネキシウムは行われていません。
医療機関以外で入手するためには、医薬品専門の通販サイトのみでの利用によって可能になっています。
世界中で使われているので、安全性も高く効果の高さが大きく評価されている点も特徴です。
プロトンポンプ阻害薬の中でも、現在では有効に使える薬として、ネキシウムは世界的な評価を受けている画期的な薬です。
多くの方の胃腸障害全般に効果があり高い実績を上げているのが、ネキシウムの特徴です。
胃がんの病原菌となるピロリ菌の除去治療にも用いられています。

ネキシウムに副作用はあるのか

ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬に分類される胃腸薬の一種で、胃酸の分泌を強力に抑制することで胃酸過多による症状を防ぎます。
有効成分にはエソメプラゾールが配合されていて、個人差が少なく誰にでも安定して効くのが特徴です。
逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった胃酸が関わる病気の治療に使用されています。
また、胃がんの病原菌となる得るピロリ菌の除菌補助に対しても高い効果を発揮します。
除菌には抗生物質が併用され、ネキシウムが胃酸を少なくすると、胃の内部での抗生物質の効き目が良くなり、ピロリ菌の除菌成功率が高まります。
ネキシウムが適用可能な病気であると判断された時、10mgおよび20mgが処方されます。
ネキシウムの1日の最大投与量は20mgとなっていて、治療は最長8週間までとなっています。
そのため、健康保険等が適用された処方を受けられるのは、最長8週間までとされています。
従来のプロトンポンプ阻害薬と比較しても、ネキシウムの副作用は発生頻度が少なく、過剰に心配する必要はありません。
ただし、別の薬を服用している場合は、飲み合わせに注意する必要があります。
軽度の副作用としては、発疹や口内炎、頭痛やめまい、軟便や下痢などの症状があります。
肝機能値に異常が現れることがあるため、肝臓に持病を持っている人は事前に医師に相談しておくと安全です。
重大な副作用は滅多に見られませんが、ごくまれに起こる可能性がある症状としては、アナフィラキシーショックなどのアレルギー反応や汎血球減少症、無顆粒球症等の血液に関する異常、劇症肝炎や肝機能障害、黄疸や肝不全など肝臓の異常があります。
もしもこれらの症状が見られた場合は、すぐに医師に連絡してください。

ネキシウムを飲む以外に胃腸の為に出来ることは

胃が痛い、胸がむかむかする、嘔吐や吐き気がある。
こんな症状は胃液の分泌が過剰になったことによる胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの可能性があります。
我慢し続けていると症状が悪化していくので、調子が悪いと思ったら病院に行って診察を受けるようにしましょう。
治療薬として処方されるプロトンポンプ阻害薬のネキシウムは胃液の分泌量を直接抑制する作用があるため、即効性がある薬です。
ネキシウムを服用することで症状は軽減されていきますが、他にも胃腸のために出来る事はあります。
まずは胃液の分泌量を過剰にする生活習慣を改善することです。
なるべく食べないようにしたいものはアルコールや炭酸飲料、柑橘類、緑茶やコーヒーなどのカフェインの入っている飲み物、チョコレートやアイスや揚げ物など脂肪分の多い食べ物、辛いものや酢の物、固いものです。
これらの食べ物は消化の段階で胃酸の分泌が活発になってしまうため、症状が悪化してしまう可能性があります。
ネキシウムとの飲み合わせは禁忌ではありませんが、なるべく控えるようにした方が良いでしょう。
逆に摂取したいのは消化酵素を含んでいる食べ物です。
大根おろしや納豆、味噌や醤油などの発酵食品には消化酵素が含まれているので、食べたものの消化を助けてくれる働きがあるため胃腸に優しい食べ物です。
また、ベルトなどでウエストを締め付けてしまったり猫背になると、胃が圧迫されてしまうため胃の内容物が食道に逆流しやすくなってしまいます。
胃を圧迫しないようにベルトをするときには緩めにしたり猫背の姿勢を矯正することも症状を改善するための一つの方法です。
ちょっとしたことで胃腸の負担は減らすことができるのです。