おまとめローン

おまとめローンを賢く活用しよう<一本化したい方>

おまとめローンと向き合ってみましょう

借金が複数ある場合、その返済方法をどのようにしたらいいのか悩んでいるのではありませんか?
返済自体が困難である場合、お勧めしたいのは債務整理という方法です。
しかし整理することで完済できるのであればおまとめローンの利用をおすすめします。

 

おまとめローンとは複数の借金をまとめることで管理しやすい状況を作るということです。
金利を低いところにすることで支払総額を軽くするというメリットが確かにありますが、正直言えばそれほど大きな金額ではありません。
おまとめローンをすることがお得だとよく言われていますが、実はそれほどでもないということを理解しておきましょう。
過剰な期待は禁物です。

 

借金を一本化することで管理しやすい借金に変えることができます。
それがおまとめローンのメリットです。
消費者金融でも銀行でも、借金を一本化することの最大のメリットとしてあげているのは総支払額の軽減です。
その項目を安易に考えてしまっては借金の一本化に失敗してしまいます。
あくまでも管理しやすい状況にすることが目的である、それがメリットであると考えてください。

 

今ある借金はどのくらいの金額になっているのでしょうか。
月々の返済額は大きく変化することはありません。
毎月の返済が負担となっているためにおまとめという道を選択したのであればその負担となっている問題は解決しないでしょう。

 

何が問題でどのように変えていきたいのか、それをまずは明確にすることです。

 

おまとめローンを活用するときはじっくりと検討してから借り入れしましょう。逆に即日キャッシングをしたいときはすぐに行動へ移すほうが良いでしょう。

おまとめのメリット

おまとめをするメリットを考えていきましょう。
まず、現在返済している月々の金額、この金額自体が負担なのではなく管理することが困難であるという方におまとめが向いているということが大前提となります。

 

そのため一番のメリットは返済日を月に一度にすることができるということです。
銀行からの振込みで返済をしている場合にも何度も手間がかかりますし、ATMに向かって返済しているのであればその分何度も足を運ばなくてはなりません。
些細なことと思うかもしれませんが、何度も返済を行うことがあなたにとって負担なのではありませんか?
それを一度だけにすることができる、それだけでも気持ちが軽くなるはずです。

 

最大のメリットとしては返済日をまとめることができる、ということではありますが、金利が低いところにまとめることによって返済の中で占める利息の割合を変えていくことができます。
勘違いされがちではありますが元金を減らすことができるものではありません。
元金を減らすという方法であれば債務整理をすることが必要になります。
おまとめは金利の低いところに一本化することによって、金利、つまり利息としてしはらう部分を少なくすることができるということです。
借金の総額が変わることであると思われているおまとめですが、変えることができるのは利息の総額であることを忘れてはいけません。

 

おまとめをすることによって借金は金額は大きいままであっても一つにまとめることができ、それによって管理がしやすい状況を作ることができます。

おまとめのデメリット

おまとめローンをするのであれば低金利の金融機関にしなくてはならない、それはもちろんのことです。
しかしおまとめローンの仕組みを理解していなければ借金を管理できずに失敗してしまうことにもなりかねません。
計画性が無くては失敗する可能性もある、それがおまとめのデメリットとなります。

 

金利が低いところに借り換えることによって、返済に関わる利息を軽減することができるのはおまとめのメリットです。
しかし、金利だけが軽減されるのだということを忘れてはいけません。
元金は変わらないのです。

 

利息は日割りによって計算されます。
返済期間が短ければそれだけ利息を少なくすることができます。
それは金利が高い低いは関係なく、日割りとなることで一日分の利息×借り入れ日数となるからです。
そのため返済期間が長くなれば長くなるほどに日割り計算の利息は加算されていきますので、総返済額の中の利息が占める割合が高くなるということです。

 

借金をまとめる目的として、月々の返済額が負担であるというのであればおまとめをして月々の返済額を少なくすることもできます。
しかし反対に返済期間が長くなります。
当然ですね。
100万円を10万円ずつ10回で返済するのと、100万円を2万円ずつ50回で返済するのでは期間に大きな違いが出るというものです。
そのため、どの点に重点を置いて計画をするのかによって返済総額が一本化をする前よりも高くなるということは充分にあり得ることです。

ホーム RSS購読 サイトマップ